fc2ブログ
白兎さブログ
ディステルスタッフ

オーガニックで気分を上げるブログ

ワインのお話。

2014年02月05日
おいしいプラス 0
こんにちは、Distelスタッフの明日香です!

今朝私の住んでいる街では久しぶりに雪が降りました。
すぐ止んでしまったので積もりはしませんでしたが、愛猫の伊蔵くんが寒さのせいか甘えてきてとっても幸せでした。


今日のテーマはワイン!
私の大好きな『ワイン』について書いちゃいます。
こう書くと聞こえが悪いですが、わたくし、お酒が大好きです!
でも事実なので、隠すつもりはありません、お酒が大好きです!
美味しいものが大好きなので、お酒だけでなく美味しいお茶や美味しいジュースも大好きですよ。
しかしなんといってもドイツはビールとワインが本当に美味しいですね。

日本でドイツワインというと、某白ワインがとても有名です。
あれはあれで悪くはありません。勿論、立派なドイツワインです!
でも!
日本酒=ワンカップと思ってもらいたくないように、寿司=カリフォルニア巻きと思ってもらいたくないように、それぞれは美味しくても、それだけじゃないよ、と言いたいのです。
というわけで、ドイツワインについて少し書かせて頂きます。

私のドイツワインとの初めての出会いは、5年前、初めてドイツに滞在したときのことでした。
お世話になったお家の方がとってもワインに詳しくこだわりをお持ちで、色々ごちそうになり、それまで『ワイン』どころかお酒があまり飲めなかった上に『ワインは苦手!』と思っていた私の価値観を大きくひっくり返してくれました。

ドイツの白ワインって、本当に飲みやすいのです。
次の日に (よっぽどの飲み方をしない限り) 残りません。
フルーティで飲みやすく、口当たりもよくアルコールをほとんど感じないものも。
私はフランクフルトから少し離れた街に住んでいるのですが、ラインガウにほど近いところなのでその恩恵にあずかりとても幸せなワインライフを送らせて頂いております。

さて、お酒の大好きな私の苦手なものが、なんと赤ワイン全般でした。
体質的に次の日に残る上、あまり飲まなくてもすぐまわってしまうので、普段は飲まないようにしていました。


そんな私の苦手意識を取り去ってくれたのがこちら!



GustavshofのDornfelder赤ワイン!

Dornfelderとは、主にドイツのラインヘッセン、プファルツで生産される赤ブドウの品種の一つで、他の地域ではあまり生産されません。
それどころかドイツが始まりのぶどうなので、本当にドイツワイン!

はっきりとしたドルンフェルダーそのものの香りに加えチェリーのアロマも感じられ、さらにかすかにブラックベリーやシナモンの香りのするワインに仕上がります。

さてこちらのGustavshofのワインの特徴といえば、なんといってもさらっとしているのにワイン!
うわージュースみたい!ではなく、ジュースみたいにのみやすいのにしっかりとワインを感じられる!
開けた瞬間から美味しく頂けて、なおかつしばらく置いてもずっと美味しく頂けました。
赤ワインは空気に触れさせるとどんどん飲みやすくなると言われますが、この赤ワイン、開けた瞬間から美味しいです。
フルーティで飲みやすく、なのにとってもぶどうを感じられるとっても香りの良いワイン。
飲んでもすぐまわらず、ゆったりとした大人の夜時間を楽しめる一本です。

ワインの苦手な方にもお好きな方にもお楽しみ頂けます!
しかし、ずっしりとした、渋くて濃〜い赤ワインのお好きな方にはあまりおすすめできないかもしれません。
そういった赤ワインとは少しタイプの違うものと思ってお試し頂きたいですね♪

本当に美味しいので、ワインがお好きな方は是非お試しください!
Distelではクロネコヤマトとのコラボ便、『ワインダイレクト』をご利用頂けます。
Distelでご購入頂いた大切なワインを丁寧に梱包し、クロネコヤマトが丁寧に確実に、日本の皆様へお届けいたします。
日本国内にお住まいの方も、ドイツにお住まいで日本にいる大切な方へのプレゼントとしてもDistelとクロネコヤマトが責任を持って日本へお届けいたします!
ドイツワインにご興味のある方、ワインをどう選んだら良いかわからない、という方、どうぞDistelをご利用ください!



スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

ディステルスタッフ
この記事を書いた人: ディステルスタッフ
今年で開業52年目!
BIO(有機栽培)先進国ドイツ。
フランクフルト市内で最も古いオーガニックの店【ディステル】のスタッフブログです。

コメント0件

コメントはまだありません