fc2ブログ
白兎さブログ
ディステルスタッフ

オーガニックで気分を上げるブログ

顔から消しゴム…

2021年12月10日
うーきちのコスメ解説 0
こんにちは!
ディステルのうーきちです。

意外にブログを読んでくださっている方が多いのに驚いている今日この頃。
みなさま、どうもありがとうございます。
「昼ごはんは座って食べる」と「予定を詰めこまない」をモットーに、働き過ぎない改革を実行しています。

さて今日はホラーなタイトルでお話をひとつ。

「顔から消しゴムのカスのようなものが」
「顔から皮がポロポロ」
「顔からゴミが」

…こうした「何か」が出てきたとしたら、大変です。ホラーです。
もしくは劇薬を塗っている可能性があります。

その「出てくるもの」は肌になじまなかった化粧品の成分です。
ちなみに、中から出てくるものではなく、表皮がはがれ落ちたたわけでもありません。

原因① 入りの悪い化粧品を使っている
原因② 肌が化粧品の入りにくい状態になっている

①の要因:
・分子が粗い
・シリコン系成分の割合が高い
・ヒアルロン酸、コラーゲンの含有量が多い(上質なものなら要因にはならない)

②の要因:
・表皮が硬くなっている
・表皮に古い角質が多く残っている
・表皮の油分と水分のバランスが取れていない

要するに
化粧品を変えるか、肌の状態を改善するか
です。
もちろん、同時にした方が解決しやすいです。

肌状態の改善として、まずはクレンジングのチェックをおすすめします。
※過去ブログ「泡から見直す若見せ」「コスメは正しく使ってこそ!」あたりをご参考に。


その上で基本に立ち返りましょう:

摩擦を極力避けながら適量適度な時間を置いて塗る

⇒ ティッシュやパッドでゴシゴシした後にバーっと出して次々に塗り重ねるのは、ご法度です。

…コスメの「地層」が崩れます。
7a147bc3d4bf709714bed8e32fe124bf.jpg
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

ディステルスタッフ
この記事を書いた人: ディステルスタッフ
今年で開業52年目!
BIO(有機栽培)先進国ドイツ。
フランクフルト市内で最も古いオーガニックの店【ディステル】のスタッフブログです。

コメント0件

コメントはまだありません