FC2ブログ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

スタッフ明日香より、お知らせ

こんにちは、ディステルスタッフの明日香です!

仲良くしてくださっているお客様、いつも来てくださるお客様や、時間が合って直接お会いできたお客様には少しずつお知らせしておりましたが、3月17日のディステルのボッケンハイムでの最終日、私もディステルのレギュラースタッフを退くことになりました。(卒業と言っていたら「アイドルか!」と突っ込まれましたのでこう表現してみました。)
そして、日本に帰国します。

2013年の5月から、最初はアルバイトとしてお世話になり、ダンボールをちぎるしかできませんでしたが
少しずつ色々なことを教えていただき、大学卒業後の2016年には正社員にしていただきました。


ちょっと回想してみます。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

まだ学生だった頃、友人への誕生日プレゼントを購入しにディステルへ来たのが始まり。
鉄瓶とお茶などを購入したのですが、プレゼント包装をお願いしたところ快く引き受けてくれたのが、
ディステルを作っているうーきちさんと、Nao-Naoさんでした。
(普段はこうは呼んでいませんが、便宜上…)

そして、「魔のラッピング時間」が始まったのです…。

紙の質が滑りやすいこと、すぐシワができること、中身の形がいびつなことでかなりの時間を要していました。
ゆっくりコーヒーを飲まれている常連さんを巻き込んだ、ラッピング。

一緒にいた友人と、(大変そうだし申し訳ないから辞退する?でも今いうのも失礼…?)とコソコソ相談しつつ、試飲用に出していただいたルイボスティーを飲みながらハラハラしていました。

その間、どれくらいの時間が経っていたのでしょう。
今にして思えば測っておけば面白かったのに、その日の私たちは測ることなど考えもつかず。

【待ちながらも、「うちのルイボスティー美味しいでしょう」「お時間大丈夫ですか」「必ず形にしますから」などこちらを気にかけていただきながらのラッピング】
【常連さんも嫌な顔せず、一緒にラッピングを考えてくれる雰囲気】

その、空間の中に流れるおおらかさに魅力を感じ、ディステルのホームページを確認、採用情報がなかったので、問い合わせフォームから飛び込みでメッセージを送りました。
それが2013年の4月でした。

〜・〜・〜・〜・〜・〜回想終わり〜・〜・〜・〜・〜・〜


及ばずながら今日までスタッフとして続けさせていただけたのは、ディステルと、ディステルを作るお二人、ディステルを愛するスタッフのみんなと、お客様として足を運んでくださる皆様のおかげです!
最初はコーヒーもまともに作れず、「今日は上手にできたね」「今日のコーヒーは一回で作れたね!」等暖かく見守ってくださる常連のお客様に励ましていただいたり。
新人スタッフが失敗したコーヒーを、その日にいるスタッフが消費するのはもはや伝統なのかもしれない。
とすら思えるように今ではなりましたが、当時はそんな余裕もありませんでした。笑

大好きなものに囲まれて過ごすディステルでの時間は、私には本当に魅力的で楽しく、幸せな時間でした。
家にいるより早く時間が流れてしまうのも、コスメ、お茶、野菜、果物、ワインのことを考えているとウキウキできたからでしょう。
自分の好きなものを再確認する毎日でした。

そして、たくさんのお客様方にも色々なことを教えていただきました。
自分が納得して使えるものをお勧めできる喜び、使用感などを後日教えていただける喜びは、会話をしながら実際に手にとって試しながら選んでいただけるお店だからこそなんだなーと改めて感じています。
食べ物もそうですし、ワインもコスメもそうなのですが、やはり気に入ったもの、良いと思ったものは手元におきたいと思うもの。
「リピートしてくださるお客様がいる」という幸せは、何物にも代えがたい経験でした。
自分が好きなものを好きだと言ってもらえることは共感していただいているということ。
それを、リピートしてくださっているという事実を前にするのですから、それは最大の共感を肌で感じられることなのだと、当たり前のことかもしれませんが思っています。

2010年にドイツに来てから、家の次に最も長くいたのがディステルだったのではないでしょうか。
ありがたいことに、ボッケンハイムでの営業最終日に、お客様感謝デーをさせていただくこととなりました。
徹子の部屋ならぬ、明日香の部屋を作っていただけるそうです。
ワインなど飲みながらお別れの挨拶をさせていだたければ、そんな幸せはございません。
髪から飴は出てきませんが、お時間があれば是非足をお運びください。
時間は合わないが最後にもう一度!と思ってくださる優しいお方は、こちら(aska.shiraishi(アット)distel-bioladen.com)にメールを頂けましたら
私が飛び上がって喜びます。
お待ちしております。

置くマイクがありませんので、ブログではこの記事を最後に筆を置くことといたします。
今週は金曜の午後、来週は不定期で2度ほどと、土曜に出勤予定です。
皆様とまたお会いできるのを楽しみに、引っ越し作業頑張ります!

我がディステルは永久に不滅です!





スポンサーサイト
ジモモ フランクフルト にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

ディステルスタッフ

Author:ディステルスタッフ
フランクフルトのオーガニックの店、ディステルのスタッフによるコスメと グルメのブログです。