FC2ブログ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

ポーランドコスメが熱い!

長生きをしているといろいろなことがあります。


今日、ポーランドのテレビ局が来ました。
予告なく…


最近、ご近所付き合い的な感覚で【ポーランド貿易振興協会】の人とやりとりをしてたのですが、先週の金曜、そこのオフィスで催されたオーガニックコスメのハウスメッセ(見本市という名の内覧会)に招待されました。

しかし、先約あり、終了間際にしか行けない旨を伝えると、こちらから出向きますというありがたい申し出が。

ならばむだ足を踏ませてはならぬと、出展リストにあったメーカーのサイトを回って、気になるアイテムを書き出し、メールしておきました。
サンプルをいくつか届けてもらえれば十分だと。


ところが
ポーランド人は熱かった


何と、各メーカーが列をなして訪ねて来たのです。
現物を持って。


こんなちっさくて

甲斐性なしの店で

ほんっとにスンマセン!


申し訳なさ過ぎて逃げ出したくなったのですが、そういうわけにもいかないこの流れ。
腹をくくり、カリスマバイヤーになりきって応対しました。

ただし、座って話したらいつ終わるかわからないので、立ったまま、英語によるプレゼンテーションを聞く ⇒ ドイツ語で質問する ⇒ ポーランド語に訳してもらう ⇒ 答えを英語で聞く ⇒ ドイツ語で返す ⇒ またポーランド語に変換…を繰り返すこと1時間半。

予習段階でときめいていたアイテムから、ノーマークだったブランド(というかリストに載っていなかった)まで



 店がポーランドコスメの宝箱や~

に。


これだけでもかなりの驚きだったのですが、約1週間後の今日はアポなしで



ドイツにおける

ポーランド製

オーガニックコスメの

ポテンシャルについて


語れ、とクルーが来たのです。

そしてそこにはまた、イヤとは言えない妙な流れが。
後で聞いた話によると、大手のドラッグストアやオーガニックスーパーには断られたそうで。

…まあ、そりゃそうでしょうよ。

というわけで、今日はオーガニックコスメのジャーナリストなりきって「旧態依然でないユニークなコンセプト」「品質の高さと価格の安さ」「デザイン性のすばらしさ」を語ったワタシは、近々、厳選コスメをポーランドから仕入れることになりそうです。


IMG_4725.jpg ジモモ フランクフルト
スポンサーサイト



にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

ディステルスタッフ

Author:ディステルスタッフ
フランクフルトのオーガニックの店、ディステルのスタッフによるコスメと グルメのブログです。