FC2ブログ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

つっちーからのご報告

みなさまこんにちはつっちーです!

突然ですが新しいことに挑戦するため本日をもってディステルを去ることになりました。

右も左もわからない私を温かく迎えていただきありがとうございました。

半年ちょっとと短い間でしたが憧れだったオーガニックコスメに囲まれて働かせていただけて幸せでした。

ドイツに来てオーガニックコスメを毎日使うようになって植物の力強さを実感しました。

体にはもちろん環境にも優しいオーガニックコスメがより多くの方の元に届くことを願っています。

またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。

2020年が皆様にとって素敵な年になりますように。

つっちー


ジモモ フランクフルト
スポンサーサイト



にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

今夜もワイン

一時は取り扱いを撤退したビオワイン。
お客さまからのご要望に後押しされて、今年の春から再び、じわじわと種類を増やしてきました。

以前の店のように思う存分置くスペースはありませんが、だからこそ試して・悩んで・絞って選んだワインが店の棚に並んでいます。

高くておいしいのは当たり前。
おいしさと価格とデザインが三位一体となっているワインは、そのボトルに宿ったぶどうの妖精がほほ笑んでいるような気がします。

先日店で開催した無料試飲会で講師を務めてくれたのは、ぶどうの妖精を操る神のようなソムリエ。
ある仕入先の専属なのですが、業務上、実は全く関係のないワイナリーの製品についても熱弁を奮う姿は、まさにワインの伝道師。
世の中では少数の「好きなことを仕事にしている人間である」という自覚がそうさせているというより、何かに突き動かされているような「生まれながらのソムリエ」でした。

その姿に感銘を受けたのか、今年は認知症だった母が亡くなり、ひとつの時代が終わったというある種の感慨めいたものがあってなのか、特別ではない日にも簡単な食事と合わせて「ぶどうの妖精が運んで来る幸福」を感じてから眠りにつくようになりました。

言い換えれば「頑張りすぎなくてもよさそうな気分になる年ごろ」になったのかも知れません。

ジモモ フランクフルト にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

第2回 見習いつっちーのコスメレヴュー 「マルティナ シア―ナクレンザー」

皆さまこんにちは見習いつっちーです。

スキンケアの基本「洗顔」。
前回のコスメレビューではヴァロロコの美肌ソープの使用感をお伝えしました。
その美肌ソープ私は毎朝使っています。

今回は私が毎晩使っているクレンジングミルクの使用レビューです。


マルティナのシア―ナシリーズのクレンザー。

ドイツに来る前から日本で見聞きしていて使いたかったアイテムでした。
スキンケアにお金をかけられなかった学生の私には日本で4千円ちょっとするクレンジングには手が届きませんでした。

しかし、日本価格の半額以下の現地価格で買えるドイツに行ったら絶対に使おうと決めておりました。

ディステルで働かせてもらって初めて購入したのもマルティナのシア―ナクレンジングでした。

やっとあの憧れのマルティナを使えるとルンルンで帰って使ってみました。

使用する前からマルティナのクレンザーは重たくて洗った後ぬるぬるすると聞いてはいましたが、確かに洗い立ては油分が肌に残りもったりする感じがありました。初めての感覚だったのでこれで本当に良いのかと不安に感じもしましたが、タオルで乾かした後の肌はふかふか。さっぱり洗い上げる洗顔料を使った後の突っ張りは全くありません。

汚れを落とすだけでなく、肌の潤いをしっかり残してくれます。

クレンジングの後は油分を足す必要はないと提唱しているマルティナ。
私はクレンザーだけでは少し物足りない日もあるのでそんな日は手持ちの乳液やクリームをつけています。

シア―ナシリーズはほんのりバラの香りがするのですが、毎晩使うたびにほっこりします。

5月下旬から継続して使っていますが、いまだに空になりません。
ちなみに朝使っているヴァロロコの美白ソープもまだ半分以上残っています。

14,50ユーロで上質なオーガニックスキンケアアイテムが半年以上使えるなんて、オーガニックコスメ天国ドイツ、恐るべし。

日本にいたときはダブル洗顔で肌に「何もなくなる」まで洗っていましたが、ドイツに来てその必要などなかったのだと気づかされました。

今ではぬるぬる~っとする洗い心地の方が落ち着きます。

シア―ナのクレンザーも良かったですが今後はマルティナの他のクレンザーや他のアイテムも試してみたいと思います!


ジモモ フランクフルト にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

動物に優しいコスメ選び

こんにちは、見習いつっちーです。

ディステルのインスタグラムの写真によく登場するうさぎさんたち。
店内になぜうさぎグッズが多いのだろうと不思議に思われるかたもいらっしゃると思います。
お店のマークにもうさぎが入っています。


なぜそこまでうさぎにこだわりを持っているか。

それは我らがうーきちさんが大のうさぎ好きだから。

実はもう一つ理由があります。
それはうさぎが動物実験をしていないシンボルだからです。

スキンケア商品、化粧品の容器で、近頃よくみかけるようになったうさぎのマーク。
みなさんご覧になったことはありますか?

うさぎのマークは動物実験をしていないことを表しています。
英語ではcruelty free(クルーエルティーフリー)と言われていたりもします。

crueltyは英語で「残酷」、「虐待」という意味です。
つまり、cruelty freeとは、動物に残酷なことはしていませんという意味になります。

ではなぜ動物実験のシンボルがうさぎなのかはご存じですか?

うさぎはいくらひどいことをされても鳴き声をあげない、目に異物を入れられても涙を流さない、粘膜が人間に似ているなどという理由で、化粧品の安全性をテストするために実験台にされることが多い動物だからです。

固定され、様々な化粧品を塗られ、痛くても何もできないうさぎさんたち。
ストレスが溜まり免疫力が下がって命を落としてしまうこともあります。

繁殖力が強いうさぎとは言え、化粧品のために新しい命が次々と使われ続けてしまうのは本当にクルーエルです。

ヨーロッパではいち早く、人間のためだけに動物を苦しめるのは間違っているという意識がスキンケア、メイクアップ業界でも高まりました。

もちろんディステルで扱っている商品にもうさぎのマークがついています。


うさぎのマークを意識して、動物にも優しいコスメ選びを心掛けたいですね。

ジモモ フランクフルト にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村

何がいいのか問題

先日

「オーガニックって何がどういいんですか?」

と問われて、石になりかけました。

話をオーガニック云々に進める前に、自然由来のものと、そうでないものの違いを説明するべく

「一般のコスメの原料である石油は化石のようなもの。
それに対して、植物性オイルはまだ生きています」

と前置きすると、ご興味がなさそうなご様子。
当方も石化で頭が回らず、自主的に終了しました。

…そこで今回はこの件を考察してみます。


フレッシュジュースフルーツ味の清涼飲料水

パティシエの作るスイーツ袋菓子

行列のできるラーメン屋の一杯カップ麺

ワタシは前者を選びますが、後者にも圧倒的な数の支持者がいます。
ヒトにはそれぞれ予算も好みもあり、単純に「いいもの」と「そうでないもの」には分けられません。


ではコレはどうでしょう:

カウンターで食べる握りたての寿司開店から閉店まで誰にもピックアップされることなく回り続けた寿司

明らかに前者ですよね。


何が言いたいのかというと

生きている=活きていることが重要

ということです。

生体になじむのは、生きている=活きているものであると。



最先端の幹細胞コスメ抗酸化コスメ

活きていてこそ。



そしてそれがよい環境で育てられた植物由来、つまりオーガニックであれば

鬼に金棒

であることは、言うまでもありませんよね。


…養殖技術が進んでおいしくなっていても、天然ものはやっぱうまいっしょ???


ジモモ フランクフルト にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

ディステルスタッフ

Author:ディステルスタッフ
フランクフルトのオーガニックの店、ディステルのスタッフによるコスメと グルメのブログです。